セラミック治療とは

セラミック治療

セラミック治療とは、見た目の美しさにより配慮した歯科治療で、審美歯科に属します。健康保険が適応されない為、自費治療となり、比較的高額になります。

セラミックは直訳すれば陶磁器を指しますが、広義では窯業製品の総称になり、無機物を加熱処理し焼き固めた焼結体を指し、強度や見た目により様々なタイプがあります。

保険適用治療では、虫歯治療での詰め物やかぶせ物は、銀歯などが一般的です。

前歯はさすがに銀歯では、、、という場合は、保険適用内で白いかぶせ物もあります。
しかし、保険治療ではプラスチック素材である為に時間が経つと黄色く変色したり、歯ぐきとの境目が黒い筋になって目立ってしまうことが多く、とても見苦しいものです。
セラミック治療はとても長持ちしますので、長期的に考えるとセラミック治療を選択した方が、一生涯の治療コストが安くなります。

コミュニケーションにおいて、見た目が大事なのは言うまでもありません。
顔の中で最も目立つ部位である前歯において、見た目に優れて長持ちもするセラミック治療は、理想的な治療方法と言えます。

セラミック治療には、大きく2種類あり、クラウン(かぶせ物)とインレー(詰め物)があります。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る