電話予約
オンライン予約 初診限定
LINE公式アカウント
審美歯科・セラミック治療の資料(小冊子)プレゼント

審美歯科・セラミック治療の医療費控除

Medical Deduction

当院での審美歯科・セラミックの治療費は、他の医療費と合算して、医療費控除の対象となります。

医療費控除とは?

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額が還付され、住民税も減税されます。

控除対象は?

医師又は歯科医師による診療又は治療の費用。
治療又は療養に必要な医薬品の購入の費用、介護費用、通院にかかる交通費などです。
同一生計内のご家族分も合算して、申請することができます。

医療費控除簡易計算

こちらにアクセスすると簡単に計算ができます。

医療費控除簡易計算

  1. かかった医療費、受け取った保険金、所得金額を半角で入力。
  2. 金額横の+マークで確定。
  3. 計算する を押す。
  4. あなたの場合の還付金+減税額が赤字で表示されます。

医療費控除早見表

所得税300万円の場合
治療費合計 還付金+減税額合計
150,000円 10,000円
200,000円 20,000円
300,000円 40,000円
500,000円 80,000円
700,000円 120,000円
1,000,000円 180,000円
1,500,000円 280,000円
2,000,000円 380,000円
3,000,000円 400,000円
所得税500万円の場合
治療費合計 還付金+減税額合計
150,000円 15,000円
200,000円 30,000円
300,000円 60,000円
500,000円 120,000円
700,000円 180,000円
1,000,000円 270,000円
1,500,000円 420,000円
2,000,000円 570,000円
3,000,000円 600,000円
所得税1000万円の場合
治療費合計 還付金+減税額合計
150,000円 21,500円
200,000円 43,000円
300,000円 86,000円
500,000円 129,000円
700,000円 258,000円
1,000,000円 387,000円
1,500,000円 600,000円
2,000,000円 817,000円
3,000,000円 860,000円

※所得税の還付金と住民税の減税額合計の目安

手続きの流れは?

医療費にかかった領収書は取っておき、交通費も記録しておきましょう。
1月〜12月までの領収書を家族別に保管しておくと、届出の時に集計しやすいです。

必要な書類を準備しましょう。

  • 申告書
    確定申告の申告書は国税庁のホームページ、または税務署、市町村窓口で貰えます。
  • 医療費の領収書
    交通費は領収書がなくてもOKです。料金や経路を記録しておいて下さい。
  • 医療費控除の内訳書
  • 保険金などで補填されている金額が分かるもの
  • 銀行通帳
    確定申告される方の名義のもの。
  • 給与明細の源泉徴収票
    給与所得者の場合です。

結局いくらくらい得するの?

仮定の話として、世帯合計で100万円の医療費がかかったとします。

  • 年収が400万〜900万の方で、約30万が戻って来ます。
  • 年収が900万以上の方で、約40万が戻って来ます。

税務署に家族分をまとめて申告すると、医療費総額の30〜45%は免除される仕組みが、医療費控除です。

医療費控除の注意点

医療費控除には、最高限度額が定められており、200万円を超える医療費控除はできません。
(治療費の総額ではなく、控除額の上限が200万円です。)
全顎治療を受けられて、セラミック治療の本数が多い患者様の場合では、治療費が高額になることがあります。
当院では、患者様の控除額が最大限になるように、お支払いのタイミングについて考慮しております。
詳しくは、当院スタッフにご相談下さい。