歯を抜かない矯正《非抜歯矯正》

できるなら現在ある健康な歯を抜かないで、矯正治療を受けたいと多くの患者様がご希望されます。

歯を抜かなくても綺麗な歯並びを手に入れられるかどうかは、患者様の歯の大きさと顎の大きさのバランスで決まります。
私たちも、健康な歯を抜くことなく矯正治療を行えたらというのが本音ですが、歯が大きく顎が小さい患者様の場合は、歯を抜かないでの矯正治療にはどうしても限界があります。

今までの成人矯正治療では、顎が小さく歯を綺麗に並べるスペースが不足しているケースでは、歯を抜いて治療するのが一般的でした。
当院ではインビザライン(マウスピース矯正)を用いることで、奥歯を後方に移動し、歯を並べるスペースを確保し、できるだけ健康な歯を抜かないことを目指しております。

また、お子さまの矯正治療では、顎骨の成長を促進させることで、顎を大きくして歯が並ぶスペースを確保することを心がけています。

もちろん、すべての患者様において、歯を抜かないことだけを重視するのは本末転倒です。
口元の突出感が明らかな患者様や歯の凸凹がひどい患者様の場合は、抜歯して治療を行なった方が、より理想的な歯並びを手に入れることができます。
また、健康ではない歯であれば積極的に抜いておいて、矯正治療を進めるほうがメリットがある場合もあります。

当院では、患者様ひとり一人のご希望と状況に合わせて、健康な歯はできるだけ抜かないことを留意しつつ、美しく機能的な歯並びを提供したいと思っております。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る